· 

《自分に自信がない、自分がわからない方へ~ホントの自分の見つけ方 RECIPE2》

 

テーマ:
 

<自信の基礎をつくるもの>


人間は、0~5歳ころまでに、周囲の人間・特に母親から、

ミルクを与えてもらい、

病気の時には看病してもらい、



泣いてはあやしてもらい、

笑顔になることや成長を喜んでもらいながら、

「ひとって信じられるもの」

「自分はここにいて良いんだ」


という信頼感・安心感を心の中に育みます。



その信頼感・安心感を基礎として、

外の世界、自分の知らないことにも関心を向け、

それがやがて趣味・特技を追求したりすることで、

自信につながっていきます。

安心して、自分らしく生きていけるのです。



勉強はほったらかしでも、好きなことを思いっきりやってる子がいたら、

ぜひ褒めてあげて下さいw


好きなことを思いっきりやることで培った自信が、

やがて勉強に向かうエネルギーを生み出してくれますからw




さて、一緒に暮らす家族から、日常的に、

言葉、身体、あるいは性的な暴力を受け、

日々を危険にさらされながら生きている子供がいるとしましょう。



どうやって「危険を避け、生きるための選択」をしていると思いますか?

どうやって「自信をもつ」ようになれるのでしょう?

 

私自身の経験をもとに、次回、詳しくお話します。

 

 

うつ、生きづらさ、トラウマ等

スカイプまたは通話によるカウンセリングで改善いたします。

 

お問合せ・ご予約は

080-6896-3579

まで、お気軽にどうぞ

 

女性専用 Skypeヒーリング・カウンセラー amane